システムエンジニアが個々のスキルを活かして海外で仕事をする際には、求人先の企業が求める人材の資質を詳しく把握しておく事が必要だ。転職先の企業によっては、事前に研修制度を設けて現地での仕事内容を把握できるようになっている事もある。且つ、国内で短期的なプロジェクトを経験し、段階的に海外支社での勤務に順応できるシステムを採用している企業も見受けられる。従って、国外での勤務経験が無い場合でも、現地での仕事にスムーズに対応出来るように様々な工夫が凝らされているのだ。

海外勤務のシステムエンジニアの仕事内容としては、現地支社でのトレーニングが多分に含まれているケースがあることから、やはり英語のスキルは不可欠な要素とされる。よって、求人先の企業は語学試験のスコアを義務付けていることも多い為、日常的なコミュニケーションで必要とされるの語学力は必須の要素として捉えておくべきだ。

また、外国での勤務においては、現地スタッフとの円滑な交流を通じて国際的にビジネスを成功させていく事が要求される。現地支社ではクライアントとの交流だけではなく、社内ミーティングでのプレゼンや後進の技術指導に携わる機会も頻繁にある。これらの理由から、現地の風習や生活習慣なども加味した上で、円滑な意思疎通をはかることが要求されるのだ。従って、国際的にビジネスを推進する企業にシステムエンジニアとして勤務する上では、国内の一般的な企業とは求められる要素が異なる事を理解しておく事が必要なのだ。